このページの本文へ移動

脱炭素型社会の実現を目指して

環境問題への対応に積極的な企業に世界中から資金が集まり、次なる成長と更なる対策が可能となる環境と成長の好循環とも呼ぶべき変化が世界規模で進行しています。
政府は「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略(令和元年6月11日閣議決定)」を策定しました。この長期戦略では、最終到達点としての「脱炭素社会」を掲げています。ビジネス主導で非連続なイノベーションを通じて環境と成長の好循環を実現し、世界において環境政策のパラダイム転換を起こし、国内外の取組を進めていき、野心的に今世紀後半のできるだけ早期に実現することを目指します。また、2050年までの80%削減に大胆に取り組みます。

概要

背景・課題、目指す社会、事例
今後の取組(1)
今後の取組(2)

このページの先頭へ移動