このページの本文へ移動

地域のインフラ維持と競争政策

地域銀行及び乗合バス等の事業者は、地域における基盤的サービスを提供し、破綻すれば地域に甚大な影響を与える可能性が高い「地域基盤企業」とも言える存在であり、その維持は国民的課題です。
これら2分野の事業者は、少子化、人口減少の中で、地域におけるインフラ機能維持のため、その経営力強化が喫緊の課題である中、その選択肢として、経営統合や共同経営の実施が見込まれます。
このため、こうした地域基盤企業による経営統合等に関して、特例的な措置を講ずることにより、地域社会のコミュニティの維持を図ります。

概要

背景・課題、目指す社会、事例
今後の取組

このページの先頭へ移動