平成30年6月15日(金)午後 | 平成30年 | 官房長官記者会見 | 記者会見 | 首相官邸ホームページ

本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成30年6月15日(金)午後

 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

臨時閣議の概要について

 臨時閣議の概要について申し上げます。一般案件7件が決定されました。大臣発言として、茂木大臣及び安倍総理大臣から「『経済財政運営と改革の基本方針2018』及び『未来投資戦略2018』について」、梶山大臣から「まち・ひと・しごと創生基本方針2018について」及び「規制改革実施計画について」、文部科学大臣から「教育振興基本計画について」、それぞれ御発言がありました。
 本日の臨時閣議において経済財政運営と改革の基本方針2018、未来投資戦略2018、規制改革実施計画、まち・ひと・しごと創生基本計画2018を閣議決定いたしました。骨太方針と未来投資戦略では、少子高齢化による成長制約の壁を打ち破るため、待機児童問題解消、幼児教育・高等教育の無償化等の人づくり革命を明記するとともに、Society 5.0の実現に向けた生産性革命の具体策を明記しました。また、最大のチャレンジである働き方改革の実行・実現、外国人材に関する新たな在留資格の創設などの方針も明記しました。さらに、財政健全化目標として、2025年度の国・地方を合わせたプライマリーバランス黒字化を明記しております。あわせて、規制改革実施計画について、農林水産業の成長産業化やオンライン医療の普及促進を始め、柔軟に規制や制度を見直すことにより強い経済をつくります。また、まち・ひと・しごと創生基本方針により、東京一極集中の是正や地方における担い手確保等への取組を更に進めてまいります。

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.