このページの本文へ移動

都市再生

国際的な活動拠点の形成のためには、グローバル企業の立地整備や、オフィスビル、住宅、コンベンション施設の立地整備が重要です。
国家戦略特区では、都市計画の決定や許認可をワンストップで行う仕組みを作り、立地整備のための迅速な意思決定を図ったり、道路占用基準の柔軟化等の規制改革によって利便性を増進させ、都市機能の高次化、国際競争力の強化を目指しています。

規制改革事項 概要 実現時期等 活用自治体
容積率・都市計画ワンストップ
資料(PDF形式:946KB)別ウインドウで開きます

都心居住促進のための容積率・用途等土地利用規制の見直し(8)

  • 居住環境を含め、世界と戦える国際都市の形成を図るために必要な施設の立地を促進するため、以下の認可等をワンストップ化。
    1. 民間都市再生事業計画の認定(国家戦略民間都市再生事業)
    2. 土地区画整理事業の認可(国家戦略土地区画整理事業)
    3. 都市計画の決定又は変更(国家戦略都市計画建築物等整備事業)
    4. 開発行為の許可(国家戦略開発事業)
    5. 都市計画事業の認可又は承認(国家戦略都市計画施設整備事業)
    6. 市街地再開発事業の認可(国家戦略市街地再開発事業)
  • 特別用途地区内において、コンベンション施設などの迅速な整備を促進するため、条例により用途制限の緩和を行う際に必要となる建築基準法上の大臣承認の手続き不要(用途緩和のワンストップ)。(国家戦略建築物整備事業)
  • グローバル企業等のオフィスに近接した住宅の整備を促進するため、区域計画に定めた住宅の容積率の最高限度の範囲内で、都市計画で定めた容積率を緩和。(国家戦略住宅整備事業)
2013年12月
特区法成立
別ウインドウで開きます
東京都(※)、神奈川県
エリアマネジメント
資料(PDF形式:302KB)別ウインドウで開きます
エリアマネジメントの民間開放(道路の占用基準の緩和)
国際的な活動拠点の形成に資する多言語看板、ベンチ、上屋、オープンカフェ等の占用許可に係る余地要件の適用を除外。
2013年12月
特区法成立
別ウインドウで開きます
東京都、千葉市、大阪府、兵庫県、京都府、新潟市、福岡市(※)、北九州市、沖縄県、仙台市、愛知県
航空法
資料(PDF形式:552KB)別ウインドウで開きます
航空法の高さ制限に係る特例
建物ごとの個別審査となっている航空法に基づく高さ制限について、一定の高さをエリア一体の目安として提示した上で、具体的な地区計画の検討と並行して迅速に承認に向けた手続きを進めることとする。
2014年11月
通知
別ウインドウで開きます
福岡市(※)
公社管理道路(構造改革特区)
資料(PDF形式:393KB)別ウインドウで開きます
民間事業者による公社管理有料道路の運営を可能化
地方道路公社がPFI法の規定により公社管理道路運営権を設定する場合には、民間事業者に料金を収受させることとし、民間事業者による公社管理有料道路の運営を可能とする。
2015年7月
構造改革特区法
別ウインドウで開きます
愛知県(※)
建築物用地下水の採取
資料(PDF形式:723KB)別ウインドウで開きます
建築物用地下水の採取規制地域における冷暖房利用の特例
自治体がリスク管理のための措置を講ずる場合に、実証試験を通じて地盤沈下等が生じないことが確認された帯水層蓄熱技術に対して、地下水の採取に関する特例措置を設ける。
2019年8月
省令
別ウインドウで開きます
大阪府(※)

※初活用自治体

ページのTOPへ戻る