このページの本文へ移動

教育

国際的な活動の拠点の形成に見合う都市機能の高度化、居住環境の向上を図るためには、異なる文化的背景を持つ外国人とコミュニケーションをとることが出来る人材育成や、産業競争力強化のための教育環境が求められます。
国家戦略特区では、学校教育法等の特例を設けてグローバル人材の育成を強化するほか、創薬産業の活性化や国際的な感染症への対応力強化のために獣医学部の新設といった岩盤規制の緩和に取り組んでいます。

規制改革事項 概要 実現時期等 活用自治体
公設民営学校
資料(PDF形式:305KB)別ウインドウで開きます
公立学校運営の民間への開放(公設民営学校の設置)
グローバル人材の育成や個性に応じた教育等のため、教育委員会の一定の関与を前提に、公立学校の運営を民間に開放。
2015年7月
特区法成立
別ウインドウで開きます
大阪府、愛知県(※)
獣医学部
資料(PDF形式:418KB)別ウインドウで開きます
獣医学部の新設
「国家戦略特区における追加の規制改革事項について(平成28年11月9日国家戦略特別区域諮問会議決定)」に従い、獣医師が新たに取り組むべき分野における具体的需要に対応するための獣医学部を、一校に限り特例的に設置認可の対象と出来る。
2017年1月
告示
別ウインドウで開きます
今治市(※)

※初活用自治体

ページのTOPへ戻る