このページの本文へ移動

近未来技術

人口減少局面において、持続的な経済成長を図るために、国内外の新技術を呼び込み、新たな商品やサービスに関するイノベーションを一層喚起させる拠点形成が求められます。 現在、自動車の自動運転や小型無人機を活用した荷物配送などの実証実験が行われていますが、国家戦略特区では、近未来技術に関し、迅速・円滑な実証実験を実現する環境整備に取り組んでいます。

規制改革事項 概要 実現時期等 活用自治体
特定実施試験局
資料(PDF形式:469KB)別ウインドウで開きます
電波に係る免許発給までの手続きを大幅に短縮
電波を使用した実験に係る簡易な免許手続きである「特定実験試験局制度」について、特区内では、区域会議の下で、更に円滑な調整を可能にし、免許の申請から発給についても原則「即日」で行う。
2016年1月
通達
別ウインドウで開きます
東京都、京都府、福岡市、北九州市、仙北市(※)、愛知県、広島県
近未来技術実証ワンストップ
資料(PDF形式:358KB)別ウインドウで開きます
自動車の自動運転や小型無人機等の実証実験を促進するための近未来技術実証に関するワンストップセンターの設置
自動運転やドローン(小型無人機)等の「近未来技術」 の実証実験等を行うものに対する、関係法令の規定に基づく手続きに関する情報の提供、相談、助言、その他の援助を行う。
2017年6月
特区法成立
別ウインドウで開きます
東京都(※)、神奈川県、千葉市、新潟市、福岡市、北九州市、沖縄県、仙台市、愛知県(※)

※初活用自治体

ページのTOPへ戻る