本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年12月26日持続可能な開発目標(SDGs)推進本部

  • 写真:発言する安倍総理1
  • 写真:発言する安倍総理2
  • 写真:発言する安倍総理3
発言する安倍総理1の写真を表示 発言する安倍総理2の写真を表示 発言する安倍総理3の写真を表示

 平成29年12月26日、安倍総理は、総理大臣官邸で第4回持続可能な開発目標(SDGs)推進本部を開催しました。

 会議では、SDGsアクションプラン2018、第1回ジャパンSDGsアワード受賞団体等について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「我が国は、SDGsの推進を通じて、創業や雇用の創出を実現し、少子高齢化やグローバル化の中で実現できる豊かで活力ある未来像を、世界に先駆けて示してまいります。そのため、日本ならではのSDGsモデルを構築することとし、第2回会合で決定したSDGs実施指針における8つの優先分野に総力を挙げて取り組む上で、この度、SDGsアクションプラン2018を策定しました。このアクションプランでは、日本のSDGsモデルを特色付ける大きな柱として、次の3つを掲げました。
 1つ目は、SDGsと連動する官民を挙げたSociety 5.0の推進です。具体的には、ベンチャー企業支援を含むSDGs経営推進イニシアティブや投資促進の仕組み、SDGsに資する科学技術イノベーションのための国際ロードマップなど、企業の取組を更に後押しする施策を、来年年央までに策定します。
 2つ目は、SDGsを原動力とした地方の創生です。新たに立ち上げた自治体SDGsモデル事業を、地方創生の関連支援策と総合的に運用することにより、関係省庁が一丸となって後押ししていきます。
 3つ目は、SDGsの担い手としての次世代や女性のエンパワーメントです。働き方改革や女性の活躍を推進し、SDGsを主導する人材育成に注力します。また、日本ブランドであるユニバーサル・ヘルス・カバレッジを始めとする保健や、教育、防災、女性分野等における国際協力も主導していきます。
 世界の注目が日本に集まる、2019年のG20や2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会等の機会も最大限活用し、世界に向けて日本の取組を発信していきたいと考えています。関係閣僚におかれては、来年の年央に予定される次回会合までに、この3本柱を踏まえつつアクションプランの実施に注力し、SDGsを推進する取組の更なる具体化及び拡充を進めるようお願いします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.